[[macについて]]

新しいmacを導入したら

初起動後、最初はソフトウェアアップデートをします。ソフトウェアアップデートの再起動後、新しいソフトウェアアップデートがなくなるまで繰り返しソフトウェアアップデートを行ってください。 その後は以下の手順でどうぞ。

次のソフトウェアのインストールをします
こういう表示の行はterminalで実行するコマンドです。
-XCode 3.2.5 with iOS 4.2 SDK (必須)
--http://developer.apple.com/devcenter/ios/index.action
-emacs 23.3 (高機能エディタ)
--http://emacsformacosx.com/
インラインパッチ導入を推奨します。http://blog.y4su0.com/2011/04/emacs-23.html

-macport (from .dmg not from source) (パッケージ管理システム。必須。)
--http://www.macports.org/
--sudo port selfupdate
-subversion (バージョン管理システム。必須。)
--sudo port install subversion +unicode_path
-ClamXAV (アンチウィルスソフト) + Clam antivirus
--http://www.clamxav.com/
OSのバージョンによって導入方法が多少異なり、全バージョンに対応するためにいろいろなファイルが入っているはずなので、付属ドキュメントをよくよむこと。 ClamXAVを起動するとclam antivirusのインストールウィザードが始まる。
-SIMBL (Input Manager をハックしてmacに機能を付加するためのソフト)
http://www.culater.net/software/SIMBL/SIMBL.php
-Visor (ホットキーでターミナルを画面上部に表示するソフト)
http://visor.binaryage.com/
Place Visor.bundle into ~/Library/Application Support/SIMBL/Plugins (create this directory if it does not already exist)
-tunnnelblick (kind of OpenVPN GUI for mac)
--http://code.google.com/p/tunnelblick/
-nkf (文字コード変換ソフト)
--sudo port install nkf
locate
sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.locate.plist
[編集] for Android developers
-Eclipse for Java Developers
--http://www.eclipse.org/downloads/
開発ノウハウ/Eclipseも参照のこと
-推奨はしないが、日本語化についてはeclipse wiki見る。
--http://www.eclipsewiki.net/eclipse/index.php?%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BD#taefcafc
解凍したディレクトリごとApplicationディレクトリに。(.appだけではだめ。)
-Android SDK
--http://developer.android.com/sdk/index.html
展開して適当なところ(/Library/とか)に移動する。
適当なところのパスを通す(以下のコマンドは/Library/に移動させた時のもの。.bash_profile等に書くべし。)
export PATH=$PATH:/Library/android-sdk-mac_x86/tools
tools/android (Android SDK/AVD Manager) を実行して、SDKをインストール&アップデート。
適当な仮想デバイスも作成
-ADT plugin for Eclipse
Eclipseの「ソフトウェアの更新」で
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ を追加し、Developer Toolsをインストール

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS