だらけ組

1.使用するソフト

・Aviutl

m2vファイルやd2vファイルとwavファイルを読み込んで編集・加工して出力できるフリーの動画編集ソフト。割りと綺麗にエンコードできるので人気。

・DGIndex

読み込んだTSファイルをd2vファイルとaacファイルに分離する。
d2vファイル自体は動画ファイルではなくもとのTSファイルの場所を指し示す内容が含まれているため、もとのファイルの位置を変えてはいけない。
aacファイルの名前には動画ファイルとどれくらいのズレがあるかが記される。

・xrecode

aacファイルをwavファイルに変換するために使用する。

BonTsDemux?

TSファイルをm2vファイルとwavファイルに分離する。
音ズレは内部で処理している模様。また、一部のTSファイルは分離できない(原因不明)。
[[わかさトラップ]]を含んだTSを処理すると出来上がるm2vファイルにエラーが生じる。
本来DGIndex+xrecode兇鮖箸Δ、このBonTsDemuxを使うかの二択だがエラーのせいで、この二つを両方使うことを強いられている。

TsSplitter?

わかさトラップを処理するために使用。他にもいろいろできるらしいが良く分からない。

・logoGuillo

自動CMカットに必須。CMカットを全て手動で行う場合はいらない。

・MP4Box

Aviutlでエンコードする際の心臓部。エンコードを行う(はず)。
Aviutlに場所を指示することで勝手にAviutlが使ってくれる。

・NeroAACCodec

音声を処理して、MP4Boxでエンコードされた動画に音声を付加する。
こちらもAviutlに場所を指示することで勝手に使用される。

2.使用するプラグイン

・自動フィールドシフト インタレース解除

TSに含まれているインタレースを自動で除去してくれる。DVDからのエンコードの場合は不要。
必須。

・バンディング低減フィルタ

各種フィルタによって画像の線と線の境界にバンディング(階調割れ)が発生する。それを低減するためのフィルタ。

・L字除去クリップ

TokyoMXの放送には地震がおきたときにL字のクリップが入る。これを除去するためのフィルタ。
必須。

・透過性ロゴ

各種放送局の右上に出ているロゴを消す(目立たなくさせる)ためのフィルタ。
使用するためにはロゴ解析プラグインで一度ロゴを解析しlgdファイルを作る必要がある。
必須。

・ロゴ解析プラグイン

その名の通りロゴを解析するフィルタ。各放送局のロゴに対し、一度ずつ行えばよい。
背景の違う場面をサンプルとして集め、どの場面でも常に同じものをロゴとして認識する。
なので、背景が変わらない場合はロゴ解析ができない。
有効なサンプルとして8000フレームほど手に入ると制度がよい。
必須。

・エッジレベル調整

プチアプコン化に必要。線の輪郭を強調するために使用するフィルタ。

・Lanzos 3-lobed拡大縮小

エンコードするファイルのサイズを指定するために使用するフィルタ。

Aviutlにもともと付属しているものより綺麗に仕上がる。
必須。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 17:20:00 (2372d)